文字サイズ

阪神・嶌村球団本部長がFA権取得の梅野に「当然、この先もタイガースで」

 試合前のウォーミングアップでスタンドのファンへあいさつする阪神・梅野隆太郎(撮影・田中太一)
 キャッチボールする阪神・梅野隆太郎(撮影・山口登)
 試合前、スローイング練習する阪神・梅野隆太郎(撮影・北村雅宏)
3枚

 阪神・梅野隆太郎捕手(29)が13日、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件(出場選手登録7年)を満たした。

 嶌村聡球団本部長は「選手にとってFA権というのは大切な権利であるので、おめでとうと言いたいところ。チームを引っ張ってくれる存在ですし、当然のことながら必要な戦力。当然、この先もタイガースで頑張ってもらいたい気持ちはあります」。昨年の契約更改で単年契約を結んだ正捕手の残留を願った。

 梅野は、2014年ドラフト4位で福岡大から入団。18年から3年連続ゴールデングラブ賞を獲得し、今季もここまで35試合に出場して、打率・254、14打点と首位に立つチームを攻守でけん引している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス