文字サイズ

阪神2軍・高山が先制適時打 初解説の上本氏も「高山にしかできないバッティング」

 「ウエスタン、阪神-ソフトバンク」(9日、鳴尾浜球場)

 阪神の高山俊外野手が先制適時打を放った。

 両チーム無得点で迎えた四回。1死から井上が二塁打で出塁し、2死二塁となったところで高山が打席へ。フルカウントから低めの落ちる球にうまく反応し、中前へ打球を運んだ。二走・井上が本塁に生還。打った高山は送球間に二塁へ進塁した。

 この日は、現在タイガースアカデミーでコーチを務めている上本博紀氏が「スカイA」の中継で初めての解説を行っている。試合前から注目選手に高山を指名。その高山が見事なバットコントロールで適時打を放ち、「高山にしかできないバッティング」と絶賛した。

 また、続けて「きっかけをつかめば4安打とか固め打ちができる選手」と話し、2軍でもがく後輩の今後に期待していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス