文字サイズ

阪神・矢野監督 リーグ10勝一番乗りに「何でも一番乗りはうれしいことなんで」

 DeNAに連勝し、ナインを迎える矢野監督(左から3人目)=撮影・西岡正
 9回、初打点となる二塁野選を放つ中野(撮影・西岡正)
 7回、戸柱の打球を指さす青柳(撮影・西岡正)
3枚

 「DeNA0-4阪神」(10日、横浜スタジアム)

 阪神・矢野監督がリーグ一番乗りの10勝に「何でも一番乗りはうれしいことなんで。どんどんいけるようにします」と喜んだ。1点リードの七回無死一、二塁のピンチを無失点で抑えるなど7回3安打無失点の好投を見せた青柳をたたえた。

 「本当にヤギが安定感抜群やったし、7回まで投げてくれて、あそこ(七回)のピンチもゼロでいってくれたから、ヤギ様様。こういう1点を争うしびれたゲームの中でヤギ自身も成長できる勝ちになるし、ああいうしびれた中で守備も守ってね。あそこ(七回)を乗り越えたから(九回の)3点につながる。どっちに転がっても分からないところを取れたのは、チームとしても大きい」

 この日は「8番・遊撃」でドラフト6位・中野(三菱自動車岡崎)をプロ初スタメンに抜てきすると、堅実な守備に加えて1安打と野選によるプロ初打点も記録。「足がよく動いていたし、はつらつというか、いい安打も出ていたし。打撃は本当にいいポイントで打つ。足もあるし、明日も使ってみようかなと」。起用に応える若武者の躍動が頼もしい。選手間の競争意識も高めつつ、順調に白星を積み重ねている。

 阪神の試合終了直後の時点で、9勝でパ・リーグ首位の楽天はソフトバンクとの試合中だったが、楽天が引き分けたため、12球団唯一の10勝となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス