文字サイズ

阪神2軍 能見が1回無失点2K 降格後2度目の登板

 「ウエスタン、阪神-中日」(20日、鳴尾浜球場)

 2軍調整中の阪神・能見篤史投手(41)が降格後、2度目のマウンドに上がった。18日の同戦(甲子園)以来、中1日での登板で1回1安打無失点、2奪三振と力投した。

 藤浪の後を継いで、1点リードの八回からマウンドへ。先頭の根尾には中前打を許したが、続く石川昂にはフルカウントから130キロフォークで空振り三振に。続くシエラも決め球にフォークを投じ、バットに空を切らせた。そして最後の伊藤康は投ゴロに抑え、この回限りで交代した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス