文字サイズ

阪神・青柳 一塁へのワンバウンド送球失敗 大ピンチ迎える

4回、巨人・田口のバントを一塁に悪送球する阪神・青柳=東京ドーム(撮影・金田祐二)
4回、青柳は悪送球。一塁のカバーに入る二塁手の糸原=東京ドーム(撮影・堀内翔)
4回途中、マウンドに集まる青柳(左から2人目)ら阪神ナイン=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚

 「巨人-阪神」(16日、東京ドーム)

 阪神・青柳晃洋投手が今季取り入れているゴロ処理時の一塁へのワンバウンド送球に失敗した。

 巨人が2点リードの四回の攻撃。1死一塁から投手田口は送りバントの選択。これを処理した青柳は、いつものようにワンバウンドで一塁へ送球したが、ボールが内側へそれたため、ベースカバーの糸原の足が一塁ベースから離れ、セーフとなった。

 青柳は送球を苦手にしており、高めに浮いて捕球できないボールを投げてしまうよりも、低めではアウトにできる確率が高いとして、ワンバウンド送球を取り入れたことを明かしている。

 この悪送球により1死一、二塁とピンチが広がる。さらには松原に四球を出して1死満塁。大量失点の危機に追い込まれたが、ここで吉川尚を三邪飛、亀井を中飛に抑え、何とか2点差で踏ん張った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス