文字サイズ

阪神・大山 11戦ぶり弾も残り3打席好機で凡退 スランプ脱出まだ

 「広島2-1阪神」(8日、マツダスタジアム)

 ここぞの一打がほしかった。期待を一身に背負い、打席に向かった阪神の4番・大山。一振りで試合の流れが変わる勝負どころだったが、敵地に響いたのは悲鳴ではなく投手を称える歓声と拍手だった。

 1点ビハインドの八回。2死三塁で4打席目を迎えた。一打同点の場面。だが、カウント2-2からの2番手・塹江が投じた内角寄り136キロスライダーを打ち上げ、遊飛に。得点を奪うことができず、結果的に広島に逃げ切られた。

 この試合前まで14打席無安打と苦しんでいた打撃。試合前練習では、矢野監督と井上、新井両打撃コーチから指導を受けた。「こちらの気づいたことは伝えていきたいし。もがきながら何かつかんでくれてたらなということで」と、指揮官はバットを持ちながら身ぶり手ぶりで助言を送り、復調を求めた。

 その指導に、すぐさま応えた。1点を先制された直後の二回。先頭で打席に立つと、大瀬良の内角寄り144キロの速球を捉えた。打球は弾丸ライナーで左翼席に到達。7月26日・中日戦(ナゴヤドーム)以来、11試合ぶりの本塁打で試合を振り出しに戻した。

 これぞ主砲の一撃。「点を取られた直後の先頭バッターだったので、出塁する意識を持ってスイングをした結果、いい形で捉えることができました」と最高の感触を得て、この試合に入った。だが、この打席以降は振るわなかった。

 四回1死一塁での2打席目は空振り三振。六回2死一塁で巡ってきた3打席目も遊ゴロに打ち取られた。

 期待を担うのは4番の宿命。矢野監督は「4番ってチャンスで回ってきたり、責任ある打席なんで。そういうところは悠輔自身の成長というのはチームとして必要」と話す。重く、大きな看板を背負う大山。それに負けぬ進化がいま、求められる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス