文字サイズ

【狩野恵輔氏の眼】阪神・梅野が岩貞の良さを引き出した

 「広島3-9阪神」(4日、マツダスタジアム)

 3点リードで迎えた二回のピンチをしのいだバッテリーが勝因だろう。1死一、二塁の場面で広島のメヒア、田中広をともに3球勝負で連続三振に仕留めた。捕手目線で言うならば、阪神の梅野がジェスチャーをしっかりして投手に意図を伝えていたし、これはレギュラーキャッチャーにしかできないリードだと思う。

 これまでの岩貞なら、追い込んでからギリギリのコースを狙ってボールと判定され、リズムを崩すケースが多かった。だが梅野はコーナーを狙わせるのではなく、最も岩貞の腕が振れるようなコース、球種を選択していた。『強くたたけ』『しっかり腕を振れ』というジェスチャーからも、配球の意図は分かった。そんな大胆な組み立ては、やはり正捕手にしかできない。

 またキャッチングも昨年からレベルアップしている。この試合は無四球だったが、梅野がしっかりとミットを止めて捕球していたことも要因の一つではないだろうか。捕手陣の中で総合力は梅野が頭一つ抜けている。その事実を証明するかのようなゲームだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス