文字サイズ

阪神ドラ2井上、プロ“初打席”初本塁打の衝撃デビュー

4回、井上広大は初球を本塁打=安芸市営球場(撮影・佐藤厚)
3枚

 「2軍練習試合、阪神-四国銀行」(15日、安芸市営球場)

 衝撃の初デビューだ。ドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=が四回1死二塁から3番・伊藤隼の代打で登場。いきなり“プロ初打席”で本塁打デビューを飾った。

 誰もが打球が本塁打だと確信した。相手左腕・平山を投じた初球の内角の直球を左越え2ラン。左翼防球ネットに突き刺さった。観客からも「よくやったぞ」という声。ファンも総立ちで井上のホームインを見守った。

 前日の試合前には「結果を気にせずに、まずは自分のスイングを心掛けたい」と結果にとらわれないことを語っていたが、ど派手な一発。高校時代、ヤクルト・奥川(星稜)から甲子園で本塁打を放った実力はダテではなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス