文字サイズ

ダブル西誕生へ ドラ1で「西純」指名で「西勇」との活躍期待

遠縁に当たる西のように阪神での活躍を誓う創志学園・西純矢(撮影・高石航平)
2枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 阪神に2人の西投手が誕生することが確実となった。

 星稜・奥川恭伸投手は抽選で外したが、外れ1位で高校ビッグ4のひとり創志学園・西純矢投手の交渉権を獲得。昨年オリックスから移籍してローテの柱としてフル回転した西勇輝投手とのダブル西結成へ期待が高まった。

 矢野監督は「(阪神には)同じ西というピッチャーがもう1人います。それもタイガースファンは楽しみにしていると思います。甲子園で会えるのを楽しみにしています」と「西勇」「西純」のダブル西を猛アピール。

 ただ矢野監督は、名字は同じでも、西に自分らしさを求め「誰でもない、西君しかいない、そんなピッチャーになってくれたら。子供たちが目指すピッチャーになってほしい。日本を代表するピッチャーになってくれたらと思う」と話した。

 阪神の同姓選手は伊藤隼太外野手、伊藤和雄投手がいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス