文字サイズ

阪神ウエスタンV2ならず 中止で逆転優勝の可能性が消滅

 「ウエスタン、広島(雨天中止)阪神」(20日、由宇球場)

 阪神はV2達成とはならなかった。20日のウエスタン・広島戦(由宇)が降雨中止となり、ソフトバンクの優勝が確定。3位の阪神は残り7試合に全て勝利すれば逆転優勝の可能性があったが、2軍では中止時の振替試合を行わないため、連覇の夢が断たれてしまった。

 春先から7月下旬までは首位を走っていたが、8月1~15日までに8連敗を喫し、その間に順位を下げてしまった。現在55勝54敗5分けと貯金こそあるが、中日に対しては7月9日~9月15日まで10連敗し、大きく響いた。

 連覇の可能性があったが、思いがけない形でV逸が決まってしまった。平田2軍監督は「対戦成績は悪くない部分はあったが(現在14勝12敗2分け)、ソフトバンクは底力があるチームではあった」と今季の戦いを振り返った。

 ただ、指揮官はすぐに前を向いた。「あと、ソフトバンクとは鳴尾浜で3試合残っているのだし、そこを全力で戦うことが、まず大事」。残り6試合、気を引き締め直して、最後までグラウンドで戦う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス