文字サイズ

大山&糸原 同期コンビ5、6番で躍動!逆転CS圏グイッ!

 1回、適時二塁打を放つ大山
3枚

 「ヤクルト3-8阪神」(23日、神宮球場)

 阪神は流れを引き寄せる集中力を見せた。5番・糸原と6番・大山が、マルテに続いて2度の3者連続タイムリーを記録。7月8、9日・巨人戦以来の2試合連続同一スタメンとなった試合で、同期入団コンビが今季3度目の4連勝をたぐり寄せた。

 初回、マルテが先制の適時二塁打を放ち、なおも2死二塁の場面。糸原が真ん中に入ってきた7球目のスライダーを完璧に捉えた。「マルテが打ったので続こうと思った。持ち味の粘るバッティングができた」。二塁の頭上をライナーで越える適時二塁打で、勢いを加速させた。

 さらに大山が盛り上がる左翼席をさらにヒートアップさせる。2死二塁で内角直球をコンパクトなスイングで捉えた。右中間への適時二塁打に「先発が(高橋)遥人の時は援護点が少なかったので良かった」。2死から3者連続タイムリーで一気に流れをつかんだ。

 1点リードの八回も初回のリプレーのような攻撃を見せた。マルテが適時打を放ち、なおも2死一塁。糸原が左前へ運んだ打球は、大きく弾んでバレンティンの頭上を越える適時二塁打となった。さらに大山も中越え適時二塁打で続き、勝利を決定づけた。

 糸原は3試合連続の5番で起用され、全試合でマルチ安打。大山も同じく3試合連続の6番となり、いずれの試合でも安打を放っている。4連勝のヒーローを問われた矢野監督が「ホンマやなぁ、誰なんやろう」と振り返った一戦。16年度ドラフトで入団した同期コンビの活躍は、見逃せない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス