文字サイズ

阪神連勝で今季のDe戦の負け越しなし 高山先制2号ソロ 4番マルテ2打点

8回、木浪(左)の好守で三者凡退に抑えたジョンソンは笑顔でタッチを交わす
3枚

 「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)

 投打の歯車がかみ合った阪神が、DeNAに完勝し、連勝で今カードの勝ち越しを決めた。今季のDeNA戦の対戦成績を12勝7敗1分けとし、負け越しはなくなった。DeNAには14年から5年連続で勝ち越しを続けている。

 試合は0-0で迎えた三回に動いた。この回先頭の7番・高山がDeNA先発・上茶谷の2球目、1ボールからの141キロを振り抜くと、打球はそのままスタンドに吸い込まれた。背番号9の今季2号で先制に成功した。

 続く四回も効果的な追加点を奪う。先頭の2番・木浪が三塁線を破る二塁打で好機を演出すると、1死から4番・マルテが三塁線を鋭く破る適時二塁打で追加点を奪った。

 1点差の六回は、木浪の二塁打と福留の一ゴロで作った1死三塁の好機で右翼への犠飛を放ったマルテ。「福留さんがいい形で繋いでくれたおかげで楽な気持ちで打席に入ることができたよ。最低限の仕事ができて良かったね」。前夜は4番に座って初めて本塁打を放った主砲が、打線の軸にふさわしい働きを見せつけた。

 先発の秋山は5回を投げ7安打1失点。粘りの投球で最少失点に踏ん張り、今季4勝目を手にした。二回は4番・佐野、続くソトの連打でピンチを迎えたが、戸柱を三邪飛に仕留めて1死を奪うと、7番・大和に左前打を許したが、左翼・福留が本塁へ好返球を見せて先制点を阻止した。

 バックにも助けられた秋山は五回、9番・伊藤裕の犠飛で1点を献上。さらに2死一、三塁と一打逆転のピンチを背負ったが、ロペスを左飛に打ち取り、1失点でしのいだ。

 降板後は球団広報を通じ「初回からストレートの走りが悪く、苦しい投球となってしまい、反省しかありません。次回はその反省点を踏まえて、ストレートの精度を改善できるようにしっかりと練習していきたいと思います」とコメント。六回からは鉄壁の救援陣が存在感を示した。六回から岩崎、ドリス、ジョンソンが1イニングずつを投げ、最後は藤川が試合を締めた。

 この日はツキも味方した。外野の手前にポトリと落ちる打球が二塁打となり、得点につなげた阪神に対し、DeNAの各打者の捉えた打球が、野手の正面に飛ぶ場面が多く見られた。投打がガッチリかみ合い、地元・関西で連勝を決めた猛虎。逆転CSに向け、チーム一丸で勝利をもぎ取っていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス