文字サイズ

ガルシアが4回3失点で降板 近本が打球を見失う不運も…

4回、巨人・山口俊に適時二塁打を打たれ肩を落とす阪神 オネルキ・ガルシア=東京ドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「巨人-阪神」(17日、東京ドーム)

 阪神・ガルシアがベンチで呆然と戦況を見つめていた。4回5安打3失点で降板。連敗中の巨人相手に、要所を粘りきれなかった。

 三回まで巨人打線を1安打に抑えていたガルシアだが、この回、先頭の岡本に右前打を許した。さらに続く阿部。中堅前方の飛球に抑えたかに見えたが、近本が打球を見失ったのか、白球を追うことができず、中堅前にポトリ。不運な形で連打を浴びた。

 その後、1死一、三塁になって、7番・増田大への7球目だった。フルスイングで捉えられた当たりは、ぐんぐん伸びていった。左翼・福留も懸命に背走し、グラブを出したが、惜しくも捕球することはできず。2点適時三塁打で2点を先制された。そして相手先発の山口にも適時打を浴び、この回3失点。

 連敗中の阪神は、初戦で1得点、前日の第2戦は2得点と、2試合計3得点と打線が低迷。この日もここまで無得点が続くだけに、あまりにも痛い3失点となった。

 五回に打席が回ると、バッテリーの坂本とそろって代打が送られ、降板となった。今日敗れると、8年連続の巨人戦負け越しが決定するだけに、まずは試合を振り出しに戻したい。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス