文字サイズ

ラッキーセブンに逆転 北條同点打&糸原2点適時打 巨人は継投策が裏目

 7回、勝ち越しの2点適時中前打を放つ糸原(撮影・堀内翔)
3枚

 「巨人-阪神」(14日、東京ドーム)

 阪神が北條史也内野手、糸原健斗内野手の適時打で七回に逆転した。

 今季巨人戦6戦全敗の阪神。この試合も初回に2点を失い、苦しい立ち上がりとなったが、七回に反撃に出た。巨人は3安打1失点と好投した先発のドラフト1位・高橋を6回で交代。七回から2番手のアダメスを送り込んだが、継投策が決まらなかった。

 先頭の福留が中前打で出ると、犠打と四球で1死一、二塁としてアダメスを降板させる。3番手・戸根に対し、代打・上本は空振り三振に倒れたが、続く代打の北條がしぶとくレフト前に落として、まずは同点。「チャンスの場面での代打だったので、初球から思い切っていった結果がヒットになったので良かったです」と振り返った。

 その後も一気に畳みかけた。近本の四球で満塁にすると、キャプテン・糸原が鮮やかにセンター前にはじき返して2点を追加。4-2と逆転に成功した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス