文字サイズ

糸井、逆転口火打 「うっちゃりやな」四回一挙5点!10人攻撃

 4回、二塁打を放つ糸井(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神5-2中日」(14日、甲子園球場)

 ちゃめっ気たっぷりなジョークが寒さを感じさせない。「風邪、ひいちゃった」。鼻をすするようにして発した超人節が快勝で高まるテンションを際立たせる。阪神・糸井が逆転劇の口火を切る一撃。聖地に降りしきる冷たい雨を吹き飛ばす、ホットな打棒を中日にお見舞いだ。

 力強い快音が反撃の合図だった。1点を追う四回、先頭の糸井が打席に入る。中日先発・吉見がカウント2ボール1ストライクから投じてきたシュートを一閃(いっせん)。ライナー性の打球は左中間への二塁打。1死後、福留の右前適時打で快足を飛ばす。最後は泥まみれになりながら滑り込み、同点のホームを踏んだ。

 超人のバットから始まった打者10人による一挙5得点の猛攻。ただこの日は、逆転へ大きなうねりを生み出した一打だけではない。初回にチーム初安打となる右前打も放った。マルチ安打で打率は・315へ上昇。福留とともに打線の中軸を担うベテランが、連敗ストップへ真価を発揮した。

 耳に届く勝利の六甲おろしが心地いい。糸井が軽快な足取りでベンチから引き揚げてくる。「うっちゃりやな」。劣勢ムードをはね返しての快勝。本拠地・甲子園でつかんだ流れは手放さない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス