文字サイズ

大腸がんの原口「必ず1軍で活躍して、たくさんの人に夢を」チーム合流で決意

 大腸がんを患っていることを公表し、1月末に手術を受けた阪神の原口文仁捕手(27)が7日、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場でトレーニングを開始し、この日からチームに合流した。公の場に姿を見せるのは、昨年12月23日に地元・埼玉県寄居町で野球教室に参加以来74日ぶり。

 この日、早朝に甲子園球場に出向き、クラブハウス内で矢野監督や、1軍コーチ陣らにあいさつと現状を報告。その後、午前10時5分に鳴尾浜に場所を移し、トレーニングを再開した。練習の合間には久々にチームメートらとも再会。見た目にも細くなった印象なく、時折笑顔ものぞくなど元気な姿を見せた。

 同施設での練習再開初日は約1時間、室内でのトレーニングが中心。その後、ユニホーム姿で取材に応じた。

 冒頭、自らの言葉で「本日はこんなにたくさんのメディアの方に集まっていただき、感謝の気持ちです。また、ファンの方々にも激励の言葉をいただいて、本当に感謝しています」とあいさつ。続けてファンに向けて並々ならぬ決意を込めた。

 「たくさんの手紙やSNS上でのコメント、千羽鶴もたくさんいただきました。本当に勇気をいただきましたし、これから僕が必ず1軍で活躍して、たくさんの人に夢を与えられるように、一生懸命頑張っていきたいと思っています」

 原口は1月24日に、球団を通じて大腸がんであることを公表。同時に「同じがん患者の方々、またそのご家族の方々にとって少しでも夢や希望となれるよう精いっぱい、治療に励みたいと思っています」と気丈につづっていた。先月6日には無事に退院したことを報告し、同月14日には甲子園球場内で、リハビリを開始したことを明かしていた。

 3日には27歳の誕生日を迎えた。目指すは早期の1軍復帰だ。最後に、ファンに向けて「本当にたくさんの励ましをいただきました。今シーズン中に1軍の舞台、甲子園に必ず戻って活躍したい。あと、お立ち台に戻ってやりたいことがあります。それを目標にしっかりきょうから、頑張っていきたいと思います」と結んだ。完全復活を遂げ、阪神ファンだけでなく、がん患者の希望の星となるべく、今後も懸命なリハビリを続けていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス