文字サイズ

阪神 借金今季最多「4」 スタンドから「気合を入れろ!」とゲキ

 「広島5-3広島」(22日、甲子園球場)

 阪神がリーグ戦再開初戦に敗れ、借金は今季最多の4に膨らんだ。4・5差で迎えた首位広島との一戦。打撃陣が広島の先発・大瀬良の前に三塁すら踏めず、チャンスを作ることができなかった。八回、糸原の2ラン、糸井の適時二塁打で完封負けを阻止したが、反撃はここまでだった。

 秋山-大瀬良の投手戦となった試合は四回、秋山が丸に特大の右翼越えソロを浴びた。2ボールからの3球目、内寄り高めの直球を狙われた。広島とは今季初対戦。さらに打順が3巡した六回、田中にこの日初めての四球を与えると、菊池に左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びた。

 さらに2死三塁から、鈴木にも左前適時打を許して3失点。六回の攻撃で代打を送られ、ビハインドでの降板となった。「3巡目となった6回に捕まってしまい、粘ることができませんでした。粘ってくる広島打線に対して、もっと粘り負けない投球ができるようにしていきたいです」。終盤に強さを見せる広島に対し、代わった尾仲、福永も勢いを止めることができず、七回、八回と得点を重ねられた。

 この日、打撃不振の大山が昨年6月の1軍昇格後、初めて2軍再調整となった。代わって打撃好調の北條が昇格し、「2番・遊撃」で即スタメン出場。「5番・中堅」に伊藤隼を入れるなどテコ入れを図ったが、結果にはつながらなかった。奮わぬ打線に対して、六回の攻撃前には右翼スタンドから「気合を入れろ、タイガース!!」のゲキが飛んだ。

 すると5点ビハインドの八回、2死一塁から糸原だ。2ボール1ストライクから4球目、ジャクソンのスライダーを右翼スタンドに運んだ。今季1号2ランは、通算2本目の本塁打となった。さらに一、二塁とつなぎ、糸井の左中間を破る適時二塁打で1点を追加したが、伊藤隼が遊飛に倒れた。反撃はあと一歩及ばず、首位・広島とのゲーム差は5・5に広がった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス