文字サイズ

自称「痩せたら藤浪」の育成ドラ1・石井「1軍の舞台で勝負したい」

阪神・吉野スカウト(左)から帽子をかぶせてもらい笑顔の上武大・石井将希
色紙に「支配下」としたためポーズを決める上武大・石井将希=ホテルメトロポリタン高崎(撮影・棚橋慶太)
仮契約を終え笑顔で会見する上武大・石井将希=ホテルメトロポリタン高崎(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 阪神から育成ドラフト1位指名を受けた石井将希投手(22)=上武大=が14日、高崎市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸300万円で仮契約した(金額は推定)。

 強い気持ちと、強気な投球で1日でも早い支配下登録を目指す。「まずは他の選手とはスタートラインが違うので、そういった部分で1日でも早く支配下を勝ち取って、1軍の舞台で登板したいと思います」。最速146キロの直球に加え、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球を操るサウスポーだ。プロの世界に入るまでのわずかな時間で、ケガのない体作りに励むことを誓った。

 また、報道陣から似ている有名人は誰か、と尋ねられると…。「痩せたら、藤浪投手」。条件付きで、これからチームメートとなる右腕の名前を挙げ、周囲の笑いを誘った。最後には「勝負どころを任せてもらえるように」と目標を語った石井。プロ野球の世界へ、着実に歩を進めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス