文字サイズ

秋山 進化で“パワプロ”もレベルUP! 予定外ブルペン「球の質を上げたい」

 ブルペンで投球練習する秋山
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(3日、安芸)

 阪神・秋山拓巳投手(26)が3日、予定していなかったブルペン投球を午後から行った。1球1球、丁寧にフォームを確認しながらの投球。「コントロールっていうより、今は球の質を上げていきたい」と秋季キャンプでの目標を掲げた。

 ランニングメニューを終えた秋山がブルペンに現れた。まるで精密機械のように、球が次々と構えたミットに吸い込まれていく。右腕は「状態が良ければ投げたいなと思った」と、急きょ投げ込みを行った理由を説明した。

 片山ブルペン捕手と軽妙なトークを交わしながらの33球。野球ゲーム“パワプロ”での秋山の能力が、開幕前とシーズン終了後とで、大きく成長していたことについての会話だった。そして、来年のさらなる“能力”向上を、同ブルペン捕手に期待される場面も見られた。

 33球のうち「後半はいい感じが出た」と納得の表情を浮かべた秋山。悲願の優勝へ、右腕のさらなる進化を期待せずにいられない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    サッカー速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス