文字サイズ

矢野コーチ、今季振り返り「勝てないんじゃないかという時期もあった」

 ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと」に出演する阪神・矢野燿大コーチ=朝日放送
ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと」に出演する阪神・矢野燿大コーチ(左)=朝日放送(撮影・高部洋祐)
 ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと」に出演する阪神・矢野燿大コーチ(左)=朝日放送
3枚3枚

 阪神の矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(48)が5日、ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと」に生出演した。

 番組冒頭で今季を振り返り「野球ばっかりでしたね。本当に時間がない。試合の資料だったり、iPADばっかり見てました」と話し、「でも老眼がひどい(笑)」と周囲を笑わせた。

 今季の4位という順位については「勝って育てるという中で、若い選手を起用してきた。その中で結果、4位というのは許されるわけじゃないですけど、本当に勝てないんじゃないかという時期もあったし、苦しかったですね」と悔やんだ。

 自身が選ぶ今季のMVPについては育成選手からはい上がった原口を指名。「一番1軍に出られない選手だった。はじめは打つ方だった。1軍も入れ替わりだったので、1回上げようよ、と。その1回のチャンスを原口はつかんだんですよ」。それでも来季のポジション争いについては「競争ですよ」と、梅野、坂本ら若手捕手陣の成長に期待した。

 また、この日契約更改交渉で来オフのメジャー挑戦が容認された大谷についても言及。「もう大谷くんのような選手は出てこない。相当な素材。今年、札幌ドームで対戦もしたけど、やっぱり次元が違いましたね。他球団だけど、応援したくなる選手ですね」と今後の動向に注目していることを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス