文字サイズ

阪神ドラ1の白鴎大・大山、神宮大会出場ならず 2回戦タイブレークで敗れる

3回、広神の安打で激走する白鴎大・大山悠輔=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
中央学院大に敗れグラウンドを後にする白鷗大・大山悠輔=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
延長10回タイブレーク1死満塁、空振り三振に倒れた白鷗大・大山悠輔=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「関東地区大学野球選手権・2回戦、中央学院大6-4白鴎大」(1日、横浜スタジアム)

 阪神からドラフト1位指名を受けた大山悠輔内野手(21)=白鴎大=が1日、関東地区大学野球選手権大会2回戦・中央学院戦に「3番・三塁」で先発出場。3打数1安打3四球と打線の軸としてチームをけん引したが、チームは延長十回、タイブレークの末に敗れ、明治神宮大会出場はならなかった。

 延長十回1死満塁。大山が先頭で打席に立ち、低めの変化球に空振り三振を喫した。後続も倒れ、準決勝進出とはならなかった。

 「『自分が何とかして』という気持ちだったのですが、悔しいです…。もっともっとレベルアップしていかないと、上では通用しないと思います」

 アマチュア野球人生の幕が閉じ、いよいよプロ野球選手としてストーリーが始まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス