文字サイズ

ドラ5山本デイリー読んでピンチ脱出

 「ウエスタン、阪神3-3広島」(8日、鳴尾浜)

 気迫で乗り切った。阪神ドラフト5位・山本(王子)が、八回1死一、三塁の場面で4番手としてマウンドへ。キラを三邪飛、高橋も遊ゴロに抑えて無失点で切り抜けた。

 好投には理由があった。朝おもむろに新聞を広げると自分の記事が。そこには大先輩からの金言があった。

 「今朝(8日)の新聞を見ていたら、僕の記事(デイリースポーツ掲載・一部地域を除く「鳴尾浜リポート」)が載ってたんですよ。そこに藤本さんから『もっと内角を攻めた方がいい』と。それを実践できたと思います」

 キラには内角直球を見せてから変化球で打ち取った。藤本氏からのアドバイスである“内角攻め”を実践した。

 高橋に対しても変化球で内角を突き、のけぞるのを見て最後は低めのスライダーで遊ゴロに仕留め、ピンチを脱した。

 久保2軍チーフ投手コーチは「調子が上がってきてるよね。いい攻め方の跡が見られる」と高評価。1軍昇格を目指す新人左腕は、自身の新たな可能性を見つけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス