文字サイズ

ドラ4梅野は聖地にワクワク「楽しみ」

 「プロ野球ドラフト会議」(24日、グランドプリンス新高輪)

 阪神4位指名の梅野隆太郎捕手(22)=福岡大=は硬い表情のままハンカチで額の汗をぬぐう。「待たせてすいませんでした。焦りと緊張が重なり、不安ばかりだった。(プロに)入ってからが勝負。はい上がれるように自分の力を出していきたい」とようやく表情を崩した。

 今夏の日米大学野球で日本代表の主将を務めた強肩強打の捕手。次なる戦場は甲子園に決まった。福工大城東時代には立てなかった夢舞台。「一度も足を運んでいないので、どんなところか楽しみ」と目を輝かせた。

 阪神には、福大の先輩、白仁田と榎田も所属する。即戦力としての期待も大きく、1年目から虎の正妻を目指すつもりだ。「先輩がいるのは心強い。守りを中心にした自分のスタイルと強いスイングを心がけていきたい」と力を込めた。

 12球団から調査書が届き、上位指名も予想されたが、なかなか名前が呼ばれず、もどかしい時間を過ごした。「2位ぐらいで来てほしかったが、プロ入りの夢をかなえられてうれしい」と語る。

 プロ入りの夢は、梅野が小4の時、がんで亡くなった母啓子さんの願いでもあった。「苦しいときも母親の顔を思い浮かべて乗り越えてきた。天国から見てもらっているので、頑張らないといけない」とプロでの活躍を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス