文字サイズ

猫が「恋のキューピット」の貸本店 うちの福招きねこ~西日本編vol.15

 宮崎市内にある漫画本中心の貸本店「輝らら」。店主・吉谷千鶴子さんの飼い猫、白のチビ(オス、14歳)、茶白のピュア(オス、13歳)、キジトラのココア(メス、7歳)の3匹は常連客のアイドル的存在だ。最年長で貫禄のあるチビは、これまでに何度か「恋のキューピット」になったこともあるという。吉谷さんに話を聞いた。

 吉谷さん:14年前、男性客が近くの自販機で飲み物を買おうとしていたら、猫が車にひき逃げされ、足元に飛んできたんだそうです。彼がその猫をうちへ連れてきたので、すぐ病院に運びました。すると、お腹の中に7匹の赤ちゃんがいたんです。

 1匹の赤ちゃんは救えませんでしたが、母猫と6匹は助かりました。赤ちゃんのうち、5匹はすぐに貰われていったんですが、1匹だけ身体が大きくて、あまり可愛くない子が残ったんですよ。それがチビ。そこで私が引き取り、店で飼い始めました。

 チビは恋のキューピットなんですよ(笑)。いつも店内から外を眺めていて、道ゆく人たちの目にとまるので、いろんな人を惹きつけます。まさに看板猫です。

 3年前のある日、20代後半の男性が「店の前を通るたび、白い猫がずっと気になっていた」と店に入ってこられたんです。そのとき、店内には常連の30歳すぎの女性がいました。彼女は飼い猫を亡くし、ペットロスがようやく少し癒えたからと、たまたまその日、1年半ぶりにうちに来ていたんです。

 男性はその女性を見て一目惚れ。その日は会話もなかったのですが、次に2人が店で会ったときは、彼女が好きな漫画の話などで盛り上がっていました。それから彼が猛アタックしたそうです。3カ月後、彼から「婚約しました」との連絡が。さらにその1年後には、2人で赤ちゃんを見せにきてくれました。「もしチビがいなかったら、僕たちがこうして結ばれることはなかった」と、彼は幸せそうに話してくれました。

 その前には、こんなこともありました。「窓際の白猫が気になって」と、女性が初めてこられたんですが、そのときちょうど店にいた男性を見るやいなや、互いに「あーっ!」、「えーっ!」と声をあげたんです。どうしたの?と尋ねると、2人は15年前に付き合っていたそうなんです。

 ともに30代半ばくらい。名古屋で交際していたそうで、当時は互いにまだ若かったこともあり、別れてしまったとのこと。その後、女性は故郷の宮崎に戻ってきていました。男性はその日、宮崎の友だちのところにたまたま遊びに来ていて、名古屋に帰る直前でした。

 彼女は「実はずっとあなたのことが忘れられずにいた。こんな偶然があるなんて…」と、かつての彼氏を前に、驚きを隠せない様子でした。その2人もその再会がきっかけで結婚したんですよ。女性からは「チビ、ありがとう」とお礼を頂きました。どちらの話もなんだか漫画のような話ですけど、本当です。チビは窓辺で寝てただけなんですけどね(笑)

 ピュアは、13年前のある雨の日、近くのスーパーで、お客さんが車をおりて店に駆け込もうとしたら、足元に生後2カ月くらいの子猫が急に出てきて、つまずいてしまい、保護してうちに連れてきた子です。ココアは7年前、学校の先生の車のエンジンルームに潜りこんでいたところを奇跡的に発見、救出され、うちの子になりました。2匹ともチビが育てたんですよ。オスでおっぱいも出ないのに、2匹がお腹を吸うもんだから、真っ赤に腫れていたこともありました。

 チビが人を招く看板猫なら、ピュアは来店したお客さんのあとをついて回る案内役。ココアは人懐こくてお客さんと遊ぶのが大好き。それぞれが役割分担をしているようです。

 当時高校3年生で、「自分は将来何をしたいのか」と悩んでいた男の子が店の奥で本を探していたとき、ピュアが寄ってきたのでなでていたら、ふと黄色い表紙の漫画本が目にとまったそうです。手にとってみるとレスキュー隊の物語で、その本に出会ったことがきっかけで「進路を決めました。ピュアのおかげかも」と。彼はいまレスキュー隊員になるための勉強をしています。

 漫画って、人生を変えてしまうほどの力を持っていると思います。私は手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」や、原泰久さんの「キングダム」に深く影響を受けました。人生で大切なことは、ほとんど漫画から学んできたような気がします。

 宮崎市内で貸本店は、多いときで14件ほどありましたが、今はうちだけです。インターネットなどで気軽に漫画が楽しめる時代。アルバイトをしながら、なんとか店を切り盛りしていますが、経営は厳しいです。

 でも、この子たちがいることで、常連のお客さんたちはいつも気にかけて寄ってくれますし、お客さんがこの子たちをなでるときの嬉しそうな表情を見ると、私まで幸せな気持ちになり、明日もまた頑張ろうと思えます。猫たちのおかげで私も生かされ、この仕事を続けられていることに、感謝の日々なんです。

【店名】「輝らら」

【住所】宮崎市昭和町20番地

【電話】0985-29-0922

(まいどなニュース特約・西松 宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス