文字サイズ

新型コロナ「感染しなさそう」と、八丈島に観光客殺到→「報道はデマ」観光協会は怒り心頭

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を警戒して外出を控える人が増える中、人混みを避けて人の少ない場所に出かける人が増えているとの噂がある。複数のテレビ局が情報番組などで次々と八丈島への観光客が増えていると紹介している。去年の同じ時期に比べて観光客が4、5倍になったとの数字も出ていた。しかし、八丈島観光協会に問い合わせると真逆の反応が返ってきた。

 「デマです」…担当者は語気を強めてそういった。

 八丈島は東京から250キロ離れた伊豆諸島の島。情報番組では、新型肺炎の感染者が島ではゼロということもあり、感染を逃れるかたちで八丈島に滞在する人が増えているという。仕事がテレワークになった関係で、長期滞在する人もいると伝えていた。厚生労働省は、新型コロナウイルスについて、ここ1~2週間が感染拡大か収束かの「瀬戸際」だと強調しており、広告代理店大手の電通が東京都港区の本社ビルに勤務する社員約5000人を当面在宅勤務とするなど、大きな影響が出ている。

 今回の報道について観光協会に聞くと、「そのような話が広まり、大変迷惑している。一部の施設だけ取り上げて、針小棒大のように報道されている」と指摘。観光客が増えていたのは特定の小規模な観光施設のみといい、「倒産しかけているホテルもあり、生きるか死ぬか、人の命がかかっているような状況なのに、冗談でもこのような報道はしてほしくない」と訴える。

 今回の報道はSNSでも話題に。Twitterでも「いい加減な情報流すなよ! 八丈島は4.5倍増どころか、島の大手ホテルでも3割から4割近く団体客キャンセル出てて困ってますよ!こんな時だからこそ、報道は真摯に正しい情報を流すべき!島の事業者や島民は怒ってるぞ!」といった指摘が多数リツイートされている。「コロナウイルスから逃れるの目的で八丈島に行く人なんてほぼいないから」「連休中八丈島行った人が頭悪そうに思われてしまう」といった声も見られた。

(まいどなニュース・川上 隆宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス