文字サイズ

福岡・原鶴温泉のシニア看板猫 長寿の秘訣は飲泉?… 九州温泉ねこめぐり第14回

 福岡県朝倉市にある原鶴温泉は、筑後川沿いにある静かな温泉郷。一説によると「ケガをした鶴が浸かり、キズを癒して飛び立ったあとの水たまりが温泉だった」といった開湯の由来がある。川にかかる橋を渡ってすぐ右手の「湯どころ 喜仙」では、グレー白の「くるみ」(メス、15歳)と、黒猫の「黒太(くろた)」(オス、推定14歳)のシニア看板猫たちが出迎えてくれる。

 創業60年を迎える「湯どころ 喜仙」は、宿泊(全7室)や日帰り休憩、立ち寄り湯も可能な家族経営のアットホームな旅館。ホームページはつくらず、温泉や看板猫についても特にPRをしているわけではないが、冬場になると行列ができるほど、温泉通の間では泉質の良さで一目置かれている。

 原鶴温泉は、弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉の2つの泉質を合わせ持つ「ダブル美肌の湯」として知られている。同館は加水なしの源泉純度100%の掛け流しで、ラドン含有量が多いのが特長。pH値(酸性度やアルカリ性度を示す数値。0から7が酸性、7が中性で、7から14はアルカリ性)9.1から9.3のヌルヌルのアルカリ性泉で、ラドンを多く含む源泉は全国的にも貴重だ。同館の植杉卓矢さん(33)は、「体によい放射性の気体成分のラドンを多く含んでいて、40度以下の入りやすいお湯なんですよ。入浴して10分ほどたつと体が内側からポカポカになります」と教えてくれた。

 くるみは、15年前、同館の敷地内で野良猫が生んだ子。目もまだ開かないころ保護した。黒太はその1年後、梅雨時期のどしゃぶりの日、玄関前でずぶぬれになって鳴いていた。

 「黒太は手のひらに乗るほどの小ささで、見つけたときは『こんなかわいい子猫はめったにいない』と家族で話したくらい。でもよくみると、おなかがバババっと、とても速く動いていたので、これはおかしいと病院に連れていくと、先生いわく『おそらく車にひかれたばかりで内臓も損傷しているようだ。大掛かりな手術になる。助かる見込みは10~20%くらい』といわれたんです」(卓矢さん)

 「もしかしたら飼い主が探しているかもしれない」、「このまま見殺しになんてできない」と卓矢さんは家族と相談し、手術を決断。かなりの費用がかかったが、なんとか命を助けることができた。結局、飼い主が現れることはなく、同館で飼われることに。今もおなかの真ん中あたりをさわると、当時の後遺症で肋骨が飛び出ているのがわかるが、生活に支障はなく、黒太はくるみとともに元気に暮らしている。

 「くるみは人に体を触ってほしい、かまってちゃんですね。黒太はちょっと変わり者。僕の膝の上で気持ちよさそうにしてたのに、急にウーッとうなって機嫌悪くなったり。他の猫と違ってエサでご機嫌もとれません。猫ってほんと、奥深く、これが魅力ですよね」と卓矢さんは笑う。

 2匹とも、人間の年齢に換算すると70代後半くらいのシニア猫。だが、ともにこれまで大きな病気はしたことがなく、「特別な手入れはしていない」(卓矢さん)のに、2匹とも毛並みがツヤツヤで美しい。

 「うちには館内に飲料用の温泉があって、人が飲んだ場合、pH9.1~9.3のアルカリ性の湯が胃腸病にいい、重曹成分が胆汁の分泌を促し肝臓の働きを活発にする、ラドン成分が痛風、消化器病、胆石症、神経痛や関節痛などに効く、などと言われています。実はくるみと黒太も、小さいころからこの温泉水をずっと毎日飲んでいるんです。猫にどんな効能があるのかはわかりませんが、ずっと飲み続けていて実際に健康なので、きっと体にいいのでは」と卓矢さん。それが長寿の秘訣かもしれない。

 60年前、温泉を掘って同館を開業した卓矢さんの祖父・近次さん(故人)は、「猫は人を招くから大事にしなさい」とよく言っていたそう。以来、同館では、敷地内に入ってきた迷い猫を保護するなどしながら、近次さんの言葉をずっと大切に守ってきた。

 「家族がみんな猫好きなので、うちでは猫はいるのが当たり前の存在。近年は猫ブームですが、猫がいることを特に売りにする気はありません。『良い温泉に入れた』『さらに看板猫にも癒された』と感じて頂けると嬉しいですね」と卓矢さんは話した。

(まいどなニュース特約・西松 宏)

関連ニュース

ライフ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス