文字サイズ

庭に迷い込んできた子猫…蛍光灯の傘の上がお気に入りの場所に

迷い猫のうさこちゃん、今では本間家になくてはならない存在に
子猫の時、耳が大きかったから「うさこ」という名前に
蛍光灯の傘の上に乗るのが得意技
弟の春太郎(左)くんとも仲良し
春太郎くんとじゃんけんぽん!
5枚5枚

 新潟県の漁師町に住む本間さん。ある日、本間さんの庭に母猫と4匹の子猫が現れた。そのなかの1匹がうさこちゃんだ。最初はお母さんに猫を家で飼うことを反対されたのだが、いつしかうさこちゃんは、なくてはならない存在になっていた。

【お母さん猫と兄弟猫4匹が庭にやってきた】

 本間さんは、漁港近くののどかな町で暮らしている。昔から、なぜかこの町には捨て猫が多いのだという。

 「漁港なので小魚などのエサがあると思うのか、昔から猫を2匹、3匹と捨てていく人が結構いるんです」

 捨て猫なのか野良猫なのか分からないが、2007年5月、自宅の庭に1匹の母猫と4匹の子猫がいたという。

 「猫を飼うつもりはなかったので、ごはんをあげてはいけないと思って、ただ見守っていました。だんだん母猫と子猫は遠のいていったのですが、うさこだけがその場に残っていて、1週間くらい動かなかったのです」

【放っておけなくて「うちの子」に】

 母猫も兄弟もいなくなってしまったが、ずっと本間さん宅の庭に留まっていたうさこちゃん。最初は「猫用のミルクをあげるだけ」と思ったのですが、ごはんもあげたくなって子猫用のごはんを与えたという。

 「母は猫が苦手なので、家の中で飼うことはできず。でも、明らかに何も食べていないし、母猫がいなくなったのでミルクも飲めないし、同じ敷地内にある納屋のような建屋で飼おうとしたのです。生後6ヶ月の時に不妊手術をしました。外に居ついている野良猫も数匹いたので、何かの拍子にケンカをして傷口が化膿してはいけないと思い、抜糸が済むまで家の中に入れました。母も、その頃には、うさこのことを『うちの子』と思えたようで、そのまま家の中で飼うことになったのです」

 うさこちゃんは、外が好きだったのか、家で飼い始めても最初の頃は、隙きあらば脱走しようとして大変だったという。「うさこちゃん」という名前は、子猫の時、耳が大きく見えたので、うさぎにちなんだ名前にしたそうだ。

【本当の娘のように可愛い】

 うさこちゃんは、とても落ち着いた子で、おもちゃで遊んでいてもおもちゃより本間さんの手元を見てじっとしているような子だった。高いところが大好きで、大きな蛍光灯の傘の上に乗るのが大好きで、その上をキャットウォークでもするように歩いたり、寝そべったりしているという。

 「テレビにも2回出たんですよ。テレビにまたがって寝るのが好きな猫が出ていたので、うさこのことを投稿したら取材に来たんです。神経質だから、無人でカメラだけ回して蛍光灯の上に乗るのを待ったのです」

 うさこちゃんと昼も夜もずっと一緒にいて、寝る時も一緒なのだという。

 「本当の娘のように愛しています。お金を出さなくても、こんな可愛い猫と家族になれる。お金を出して猫を買うのはどうかと思います」

(まいどなニュース特約・渡辺陽)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス