文字サイズ

吉本が「九州新喜劇」16日旗揚げ!初代座長は寿一実、ツッコミより柔らかさ

(右から)博多華丸・大吉、寿一実、ケン坊田中、サカイストの2人
九州新喜劇の初代座長・寿一実
2枚

 吉本興業による「九州新喜劇」の旗揚げ公演が16日、福岡市の「ももちパレス」で開かれる。初代座長に就任したのは、かつて吉本新喜劇で副座長を務めたことがあり、現在は九州の旅番組などで活躍中の寿一実(61)。面倒見がよく、多くの後輩芸人たちに慕われている寿座長のもと、福岡で活動する福岡よしもとの芸人たちが集結。一丸となって盛り上げていく。今回の福岡を皮切りに、やがては九州各地へ出向いて公演を行なう予定だ。待望の初公演がいよいよせまるなか、寿座長に「九州新喜劇」旗揚げの経緯や意気込みなどについて聞いた。

 -「九州新喜劇」旗揚げの経緯は。

 寿(以下同)「2016年8月に、嘉穂劇場(福岡県飯塚市)で、僕の還暦祝いに座長として新喜劇をやらせて頂いたんです。そのときに他の出演者と、こういった公演をもっと九州全体でやれたらいいねと話していて、昨春くらいには、最初は大きな所ではできないかもしれないけど、小さな会館などを借りて、九州中を回りながらやれたら、という話になったのがきっかけなんです。九州から東京に行って人気が出た芸人はたくさんいるんですけども、それだと九州のいい人材がみんな東京へ行ってしまうじゃないですか。九州だけでもやれるんだぞ、笑っていただけるんだぞ、食えるんだぞということをやりたいねという話も出て、じゃあ挑戦してみようと、今回の立ち上げに至った次第です」

 -1976年に吉本新喜劇に入団。当時はどんなことを。

 「大阪で新喜劇をしていたのは1976年から11~12年くらいかな。木村進座長や間寛平座長らのもとで副座長をしていました。劇では、主役がボケられるよう横でネタふりをしたり、進行を助けたりといった『回し』の役割が多かったですね」

 -「九州新喜劇」ならではの特色、こだわりは。

 「九州人の優しさ、人のよさを大事にしたい。そこをどう表現し、笑いにも繋げるかですよね。大阪みたいに、たとえば『なんでやねん!』というツッコミはこっちにはないので、きついツッコミで笑わすというよりは、柔らかさを持たせたいというか。もちろん早いツッコミが必要なときは入れていきますし、ズッコケもあります。芝居の中身は、ただ笑いやドタバタだけでなく、家族の絆とか、人情劇っていうんですかね。そういった要素も取り入れていきたい。昔の吉本新喜劇って、さんざん笑って最後にはホロっとくるみたいなところ、あったじゃないですか。いろいろと試行錯誤中です」

 -劇は博多弁で。

 「今回の出演者は博多の人間が多いので、当然博多弁になります。今後はたとえば、熊本へ行けば、その土地の方言指導をしてもらい、九州住みます芸人はじめ、その地域で活躍する方々とも一緒にできたらと思っています」

 -特定の劇場を持たず、座員が九州各地へ出向いていくスタイルとのことだが。

 「当然、劇場はほしいんですよ。劇場でやりながら、よそでもやっていくのがベターな方法だと思います。ただ、まだ結成したばかりなので1年くらいは福岡県内で春夏秋冬と季節ごとにやらせていただいて、その後の展開として、九州各地を回っていきたい。福岡で力を養いつつ、九州新喜劇というのはこういうもんだというのを座員全員が理解して、観てくれる人もいいところをわかってくれるようになってからでしょうね。そうして我々の実力がついてきたら、最終的には毎週金土日でやりたいです」(※当面の活動は1シーズンに1回の予定)

 -16日の旗揚げ公演に向け、現在稽古中。座長として苦労などは。

 「座員それぞれの個性をつぶさないように心がけています。なおかつ僕が持っている経験や知識もできるだけ伝えるようにしています。ベテラン勢は経験がある方ばかりなので心配はないんですが、中には新喜劇が初めてという若手もいます。舞台での動きは漫才とは違うので、立ち方から教えていかないといけない。他人が喋ってるとき、自分はどの位置に立ち、どう振る舞えばいいのか。後ろで芝居してる人のじゃまにならないようにとか。いまは骨組みができあがって、稽古を重ねながらしっかりと肉づけをしているところです」

 -16日の旗揚げ公演のチケットはすでに完売したそうだが。

 「はい。ありがたいことに。それだけ九州の方々の期待が大きいということでもあり、プレッシャーも半端じゃないというか…頑張ります!」

 -最後に「九州新喜劇」に賭ける意気込みを。

 「僕は長崎県佐世保市出身ですが、九州が大好きなんです。よく九州7県の中でどこが一番いい?って聞かれることがあるんですけど、どこもいいですもんね。食べ物は美味しいし、人も文化も素晴らしい。みんなで盛り上がって、笑いのある九州にしたいなと思っています」

 16日の旗揚げ公演(19時開演)では、福岡、九州にゆかりのある芸人やタレントとのコラボも見どころだ。ネタゲストには福岡出身の博多華丸・大吉、パンクブーブー、ロバートらが登場。スペシャルゲストには、元モーニング娘。のメンバーで、現在は福岡在住の中澤裕子が出演する予定。なお、九州新喜劇では3月に「マドンナオーディション」を開催。新喜劇に興味のある18歳以上の女性を募集している。応募は3月1日必着だ。(デイリースポーツ特約記者 西松宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス