文字サイズ

東京五輪代表が国内合宿実施へ 反町委員長「現在地を知る」

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長(56)が24日、オンライン取材に応じて東京五輪に出場するU-23日本代表が、Jリーグ終了時の12月21日から、千葉県内のJFA夢フィールドで強化合宿を行うと明かした。

 五輪が延期となっていた同代表にとっては、1月のU-23アジア選手権(タイ)以来の活動。反町委員長は「クラブは大変だが1週間弱、お借りする。国内組は1年近く活動がなかった。現在地を知ることになる」と説明。21年3月に再開予定のW杯アジア2次予選などA代表にも「つながっていく」とした。

 影山監督率いるU-19代表も同時期に同施設で合宿を行う予定。U-20W杯に向けた予選も控えるだけに「最終選考」という位置付け。近い年代同士だけに、相乗効果も期待できそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス