文字サイズ

朝倉未来 1000万企画を反省「良くなかったなと」大みそか試合出場には意欲

 格闘家の朝倉未来が24日、自身のYouTubeチャンネルに、自身が出演したABEMA「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」について、改めて反省動画を投稿した。

 「1000万企画に関して考えを改めました」のタイトルの動画内で、同企画に対して批判的な意見が多く寄せられたことを受け、「いろんな人の意見を今日まで見てきて、客観的に企画を一視聴者として、格闘技とかを知っている、知らない、いろんな立場からちょっと見てみると、確かにいい企画ではなかったなと思いました」と語った。

 格闘技や、企画自体を盛り上げるためにどうするかという、自身からの目線でしか物事を考えていなかったとして、「今、すごく反省しています」とし、「(格闘技の話題が)結果的にいい広まり方ではなかったかなということが、シンプルな感想で、結局は弱い者イジメをしていたような映りになっているので、とにかく、良くなかったなと今、自分で思っています」と反省した。

 21日に投稿した動画に続き、同様の企画について「今後、やることはないです」という考えを強調した朝倉未来は、挑戦者に負傷者も出たということもあり、「僕が手加減はしていたんですけど、強めにやってしまったことが、視聴者にとっていい気持ちではなかったということで、シンプルに自分の感覚が違ったんだなと思っています」と語った。

 朝倉はこの他にも、シバターが発信した意見への自身の見解や、大みそかの格闘技興行には出場する考えでいることや、企画の挑戦者が出演する動画を撮影していくことなどを、この日の動画で語っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス