文字サイズ

田中恒成、身長8センチ差「関係ない」 予備検診で体格勝るも慢心なし

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 予備検診が21日、名古屋市内で行われ、2度目の防衛戦に臨む王者の田中恒成(24)=畑中=、挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=ともに異常なしと診断された。

 3月に田口良一(ワタナベ)と拳を交えた初防衛戦より身長が1センチ伸びて165センチとなった田中は、ゴンサレスより8センチも高く、リーチで4センチ、胸囲でも1・2センチ上回った。

 体格で大きく勝る王者は「確かに(相手の)身長はかなり低い。その辺がどうなるか。やりやすいところ、やりにくいところがあるので(身長差は)関係ない」と、冷静に感想を語った。

 スピードをテーマに掲げて調整を重ねてきた田中は「スピードで圧倒して必ずKOで勝ちます」と、改めて勝利を宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス