文字サイズ

村田諒太 王座奪回へ強い覚悟「絶対勝ちます、それだけです」

 計量を終え、並んで撮影に応じる村田(中央左)とブラント(同右)
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチは前王者で挑戦者の村田諒太(33)=帝拳=が72・3キロ、王者ロブ・ブラント(28)=米国=は72・2キロで、1回目でパスした。村田は「絶対に勝ちます」と王座奪回に自信を示した。

 闘志はリングの上で燃やす。無事に計量をパスした村田はブラントと9カ月ぶりにフェースオフ。約15秒間、両者は険しい表情だったが、最後は笑顔で握手を交わした。

 村田は「プロに来てこれだけ自信あるのも初めて。いい感じで仕上がったと思います」と絶好調をアピール。前戦の計量後には「ぶん殴ってやりたい」と口にするなど闘志をあふれさせたが、この日は「今回の方が落ち着いてる気がします。前回は相手にいらついたり、KOしますと宣言したり、そういういらだちはない」と冷静な心境を語った。

 その理由を「自信がありますし、やって来たことをやるだけなんで。今さら格好つける必要もなく、虚勢を言うこともなく、何もする必要はない」と説明。敵地米国で行われた前戦のパフォーマンスに不満を持っており、「敵地でやるときにパフォーマンスが悪くなる原因の一つはプレッシャーから解放されるところ。見られる人が日本より少ない。国内でやるプレッシャーは僕にとって必要だと思うし、今回はそれを感じている」と、地元の期待を力に変えるつもりだ。

 闘魂点火は「リングに上がったとき」という。「それまではいつもの自分でいます。無駄なエネルギーを使わずに、リングの上ですべてを爆発させようと思います」と試合に集中。「絶対勝ちます。それだけです。絶対勝たなきゃいけない試合なので、絶対勝ちます」と繰り返して強い覚悟を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス