文字サイズ

那須川、相手の敵前逃亡に「プロ失格」 「なんで格闘技やってんだろう」とあきれ顔

 ファイティングポーズを決める那須川天心
1枚拡大

 「RIZIN.16」(6月2日、神戸ワールド記念ホール)

 キックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心(20)=TARGET=が24日、千葉県松戸市内で練習を公開した。

 相手のISKAフリースタイルルール世界フェザー級王者アメッド・フェラージ(フランス)が「敵前逃亡」(RIZIN関係者)し、21日に「舐めんなよ」と怒りのツイートをしていた那須川。この日は「プロ失格。なんで格闘技やってんだろうと思いますよね」とあきれ顔だった。RIZINは近日中にISKAの選手を代わりに立てるという。

 この日、那須川はミット打ちで左のオーバーハンドなどの強打を練習。「相手がいないんで考えようがない」と苦笑しながら、目的を「スアキム選手は外からの攻撃に弱いので」と、7月21日のRISE世界トーナメント準決勝のスアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ)戦対策と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス