文字サイズ

前日計量1発パスの黒田「怖いぐらい落ち着いている」 IBF世界フライ級戦

拳を構えてにらみ合う黒田雅之(左)とモルティ・ムザラネ
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界フライ級タイトルマッチ」(13日、後楽園ホール)

 前日計量(リミット50・8キロ)が12日、都内で行われ、王者モルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=は50・7キロ、挑戦者の同級4位・黒田雅之(32)=川崎新田=は50・6キロで、ともに1回目でパスした。

 6年ぶり2度目の世界挑戦を目の前に、黒田は「すごいワクワクしている。最初に世界挑戦してから6年間、この舞台に立つためにやってきたので、すぐにでもやりたい」と意欲十分。「やってる方が楽しい試合をして勝つ」と自信を示した。

 6年前と比較して、「まるで違う。当時は地に足がついていない、フワフワした状態でリングに上がっていたのが、今は怖いぐらい落ち着いている。本当に楽しみ」と精神面の安定を強調。写真撮影では王者と数十秒向かい合ったが「全く気にならない。相手を見て自分が変わるわけじゃないんで」と動じていなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス