文字サイズ

新日エース・棚橋弘至&全日三冠王者・宮原健斗 2人で絶叫「最高に愛してまーす」

 リング上でポーズをきめる棚橋弘至(左)と宮原健斗
1枚拡大

 「プロレス・ジャイアント馬場没20年追善興行」(19日、両国国技館)

 99年1月31日に死去したジャイアント馬場さん(享年61)の没20年追善興行が9団体の59選手を集めて開催された。馬場さんのライバルだった元プロレスラーのアントニオ猪木参院議員(75)が、2人が最後にタッグを組んだ79年8月以降では初めて馬場さん関連の興行に来場し、「1、2、3、ダー!!」を絶叫。また、12年1月に現役引退したアブドーラ・ザ・ブッチャー(78)の引退セレモニーも行われた。

 平成最後のオールスター戦を締めたのは馬場さんが率いた全日本の三冠ヘビー級王者・宮原健斗だった。大日本のBJW認定ストロングヘビー級王者の関本大介と組み、新日本のエース棚橋弘至、ヨシタツ組と対戦。棚橋と視殺戦、エルボー合戦を繰り広げるなど激しくやり合い、最後はヨシタツをシャットダウン原爆で葬った。

 試合後のマイクでは棚橋にコラボを要求。自身の決めゼリフ「最高」と棚橋の決めゼリフ「愛してまーす」を合わせた「プロレスを最高に愛してまーす」を2人で絶叫した。

 インタビューでは棚橋が宮原を「宝。明るい光を放っている」、豪快なパワーファイトを繰り広げた関本を「関本選手対新日本の選手、何らかの形でつながっていけたら」などと絶賛。それに宮原は「自分でもそう思っています。今日は棚橋さんとの輝き対決にテーマを置いていた。負けてないんじゃないかな」と満足顔。関本も「チャンスがあれば新日本に殴り込みをかけたい」と呼応した。

 また、全試合終了後には馬場さんの追悼セレモニーが行われ、ジョニー・エース、リッキー・スティムボート、リック・フレアーのビデオメッセージを上映。最後は出場選手総出で追悼の10カウントゴングとともに黙とうをささげた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス