文字サイズ

亀田和毅、驚異のリーチ7センチ増!2階級制覇へ「何も心配ない」

予備検診を終え、握手をかわす亀田和毅とアビゲイル・メディナ=東京・日本ボクシングコミッション(撮影・金田祐二)
呼び検診を受ける亀田和毅。後方は対戦相手のアビゲイル・メディナ=東京・日本ボクシングコミッション(撮影・金田祐二)
5年前の検診結果よりリーチが伸びた亀田和毅=東京・日本ボクシングコミッション(撮影・金田祐二)
3枚3枚

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦」(12日、後楽園ホール)

 予備検診が7日、都内で行われ、WBC世界スーパーバンタム級2位の亀田和毅(27)=協栄=と同級1位のアビゲイル・メディナ(30)=スペイン=はともに異常なしと診断された。

 世界2階級制覇がかかる和毅は「過去最高にいいですね。全てやってきたんで、リングの上で全て出すだけです」と絶好調をアピール。前回に日本で世界戦を行った13年12月と比べて、リーチが163センチから170センチと7センチも伸びたが、「分からないですね。昔からリーチは長いと言われるけど、あんまり参考にならない」と意に介さなかった。

 この試合からフィジカルトレーニングを取り入れたことで、胸囲も8センチ増加。「効果が出てると思いますね。今回階級上げて、感じるものがある。芯ができた。パンチが来てもバランスが崩れなくなった。もらった時でも下半身で耐えられる」と手応えを感じていた。

 相手との初対面には「普通ですね。動画で見たとおり。感じるものは全くなかった」と平然。「作戦は結構ある。引き出しはいろいろ持ってるんで。オレのボクシングは考えるボクシングやから」と対策にも抜かりはない。「あの時より全て変わってますね。技術もキャリアも。オレも海外でいろんなとこでやってるし、プレッシャーもないし。練習やってなかったら不安とか残るんですけど、今回は全てやったんで何も心配することはない」と、5年ぶりの日本での世界戦に自信を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス