文字サイズ

矢田良太が初のタイトル戦へ「必ずチャンピオンになる」グリーンツダジムの切り札

次戦へ向けた会見を行った(左から)京口竜人、小村楓香、矢田良太
2枚

 「ボクシング・WBOアジアパシフィックウエルター級王座決定12回戦」(12月4日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 メーンを務める同級3位、日本同級3位、東洋太平洋同級6位の矢田良太(27)=グリーンツダ=は29日、大阪市内で練習を公開した。同級5位ジェイヤー・インソン(26)=フィリピン=を相手に初のタイトル戦を行う。矢田は12勝(10KO)3敗で現在9連勝、6連続KO勝ち中。サウスポーのインソンは12勝(8KO)無敗。

 いかつい風貌、強打とタフネスから付いた愛称が「浪速のターミネーター」。グリーンツダは今年、タイトルに3度挑戦しながら3連敗。本石昌也会長は「矢田を切り札として投入する。取ってくれると信じている」と、最終兵器に託した。

 矢田は「ロスでスパー合宿を行い、世界トップと拳を交えて、自信を付けた。1~3ラウンドでKO。必ずチャンピオンになる」と、意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス