文字サイズ

大仁田ダンプ仕留めた!長与も復帰宣言

全員で被弾する左からダンプ松本・大仁田厚・長与千種・TARU
1枚拡大

 「大江戸超花火」(23日、大田区総合体育館)

 史上初の男女混合電流爆破デスマッチは6度の爆発の末、大仁田厚&長与千種が、ダンプ松本&TARUを撃破した。勝負を決めた選手が王者となる変則ルールで爆破王ベルトが懸けられ、ダンプを仕留めた大仁田が初防衛に成功した。

 開始早々、大仁田がTARU、長与はダンプのフォーク攻撃で流血。直後に2人同時被弾させられ、悲鳴が上がった。カリスマコンビはTARUへのダブルブレーンバスターで挽回。最後は大仁田がダンプと同時被弾し、ダメージが大きいダンプを押さえ込んだ。

 邪道ワールドを初体験した長与は「電流爆破は楽しい。爆破王ベルトが欲しくなった。取るまで、大仁田厚絡み限定で復帰する」と宣言。発言に呼応するかのように、大仁田は「男女問わず、切磋琢磨(せっさたくま)すれば、何かが生まれる」と『爆破王タッグ』ベルト新設を発表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス