文字サイズ

竹中佳、判定完勝で東洋王座初防衛

 初防衛に成功した竹中=明石市立産業交流センター
 初回、左ストレートを出すタイミングをうかがう竹中(右)=明石市立産業交流センター
 デビュー戦を初回KOで決めた横田一磨
3枚3枚

 「デイリー後援・東洋太平洋女子ライトフライ級タイトルマッチ」(2日、明石市立産業交流センター)

 ボクシングの東洋太平洋女子ライトフライ級タイトルマッチが2日、明石市立産業交流センターで行われ、王者・竹中佳(高砂)が3-0の大差判定で同級3位のノンギッグ・シットジャーナート(タイ)を下し、初防衛に成功した。

 4月に神戸市で行われた決定戦でヨッカオ・ローエイシティジム(タイ)に4回TKO勝ちし、空位の王座を獲得した竹中が地元・兵庫での初防衛戦を危なげなくクリアした。序盤から距離を保ち、サウスポースタイルから得意の左ストレートを効果的に当ててポイントを連取。ダウンこそ奪えなかったが、2人のジャッジがフルマークを付ける完勝だった。スコアは80-72×2、79-73。「地元でKOで決めたかったので悔しいです」とリング上で話した王者。既にIBFでは8位にランクされ、世界挑戦も見えてきただけに、勝利にも浮かれる様子はなかった。

 セミファイナルでは日本スーパーフライ級10位の森川真一郎(VADY)がダウン応酬の末、左ボディーショットで3回KO勝ち。B級ライセンスでのデビューとなった高砂ジム期待の横田一磨(高砂)は、右ストレートで2度倒し、初陣を初回KOで飾った。

 この日の全試合結果は以下の通り。

 ▽4回戦

中安信円(姫路木下)×判定0-2○山本竜暉(井岡)

木村一輝(高砂)×判定1-2○野村健太(仲里)

清瀬天太(姫路木下)○判定3-0×西川諒(井岡弘樹)

 ▽6回戦

横田一磨(高砂)○KO1回3分7秒×ファーペッチ・ソープライトン(タイ)

 ▽8回戦

森川真一郎(VADY)○KO3回2分51秒×カエンペッチ・マノプルングロット(タイ)

 ▽東洋太平洋女子ライトフライ級タイトルマッチ8回戦

王者・竹中佳(高砂)○判定3-0×同級3位・ノンギッグ・シットジャーナート(タイ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス