文字サイズ

佐藤が河野と引退試合「ガチンコでやる」

 前WBC世界スーパーフライ級王者佐藤洋太(29)=協栄=が11月20日、東京・後楽園ホールで前WBA世界スーパーフライ級王者河野公平(32)=ワタナベ=と引退試合を行うことが決まった。WBCとWBAの前王者同士の“裏王座統一戦”という見方もできる一戦。引退試合はエキシビション程度の試合になるのが通例で、今回もヘッドギアを着けた3回戦で行われるが、佐藤は「ガチンコでやる」とキッパリ。スリリングなラストファイトになりそうだ。

 佐藤は5月3日のタイでの3度目の防衛戦でTKO負けし引退。以来、ガソリンスタンドのアルバイトをする一方、趣味のスケートボードざんまいの日々。動き回っていることもあり、コンディションはいい。

 当初、引退試合では昨年大みそかに判定で下した宿敵・赤穂亮(横浜光)との対戦を熱望。だが、交渉はまとまらず、ほかに前日本スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)らも候補に挙がったが、最終的にオファーを受けた河野が快諾した。

 河野は5月6日の初防衛戦でWBA王座から陥落後、再起を目指している。2011年4月に日本王者時代の佐藤に挑んで判定負けした因縁もある。引退を決めた佐藤に勝ってもさほど意味はなく、万一やられでもしたら現役としての立場がない。メリットは少ないが、佐藤の花道を飾ってやりたいというおとこ気で引き受けた。

 佐藤は「やるからには本気でやる。男だから負けたくない。練習してないヤツが勝てるほど甘くないのがボクシング。でも3回戦ならまだ河野に負けない。これはWBCとWBAの前王者同士の裏王座統一戦」と言い切る。

 来年3月には故郷の岩手に帰り、焼き肉チェーン店店長として再出発の予定。第2の人生に心置きなく踏み出せるように、完全燃焼する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス