文字サイズ

コロナ禍でペットを飼う人が増加、かくいう私も猫を…

 コロナ禍でステイホームが続く中、ペットを飼う人が増えているそう。かくいうわが家も現在、検討中。

 今までは共働きだからとあきらめていましたが、コロナ以降は旦那さんもその飲み友達も感染を警戒して外食を控えていますし、私も後輩たちと食事に行く機会もめっきり減って、月末に出費の少なさに驚くことも。あまりにも暇すぎて、お家時間を活用しようと家庭菜園も始め、キュウリを自家製漬物にして配ったりもしたのですが、やっぱり「動物が家にいてもいいなあ」となったのです。

 ところが何を飼うという話になって私は「犬」、旦那さんは「猫」。25年間一緒に暮らしてきて旦那さんが猫好きだったと初めて知りました。旦那さんは元々大の動物好き。昔は犬と猫を飼っていて、クリーニング店が「服に犬の毛がよく付いているので注意」という内部メモを付けるほどだったそう(笑)。

 そんなわけで、今はインターネットを見たり、猫や犬を飼っている友人に話を聞いたりして勉強中なのです。

 私や旦那さんが仕事の間、どちらかというとひとりでも平気なのは猫? アメリカンショートヘアは可愛いけど、毛が抜けやすいという話も? 大事なソファで爪を研がれたら…とか考えている時、同じような状況で「飼いたいけど帰って1、2時間遊んで寝るだけなのに良いのかなぁ」と悩んでいるというマツコ・デラックスさんの記事を読みました。

 記事には賛否両論あったようですが、60代以上は子猫や子犬よりも、保護猫や保護犬を飼う方がいい-という意見も。確かにいつ自分の健康状態が悪化して飼えなくなるか分かりませんし「猫と犬の側になれば」という考えもうなずけます。犬を3頭飼っている友人はエサもずっと手作りするなど健康に気を遣っていますが、とはいえ皆15、16歳になり、白内障になったり点滴が必要になったり…。歯槽膿漏(しそうのうろう)にならないよう歯の手入れも毎日必要ですし「命」である以上、最期まで世話をする覚悟も絶対必要。

 そんな事情もあって、これまではかわいい動画を見て癒やされて来たんですが、今はちょっと真剣に新しい家族を迎えたいなと思っています。これを読まれた皆さま、ぜひいろいろなアドバイスをよろしくお願いします!

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    リンゴのつぶやき最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス