文字サイズ

今だから明かせる24年前、辰吉戦の裏側 薬師寺さんにとって特別な「12・4」

薬師寺さん(右)と“秘蔵っ子”の森武蔵
薬師寺さん(右)と“秘蔵っ子”の森武蔵
6枚6枚

 “世紀の一戦”と評された辰吉との死闘から間もなく24年。ボクシング元WBC世界バンタム級王者の薬師寺保栄さん(50)はタレント、俳優業を経て現在、ジムの会長として世界を夢見ている。11月25日には7戦全勝の“秘蔵っ子”森武蔵(18)がWBOアジア・パシフィック・フェザー級王座に挑戦。勝てば世界ランカー入りが濃厚で、夢が現実味を帯びてくる。

  ◇  ◇

 名古屋のど真ん中、中区新栄に「薬師寺ボクシングジム&フィットネス」がある。開業は2007年4月3日。立ち上げの際は、同世代で仲のいい元世界王者の井岡弘樹さんに相談したという。

 「前から38歳でジムをオープンしようと思っていたんです。18歳でデビューし、27歳で引退。今は自分以上の選手を育てることが目標です。期待の選手もやっと現れました」

 日焼けしたところは現役の頃と変わらないが、表情はふっくらとして穏やか。25日には「期待の選手」である森武蔵が、愛知県刈谷市のあいおいホールでWBOアジア・パシフィック・フェザー級王座に挑戦する。

 熊本県出身の森は左ストレートを武器に7戦7勝(5KO)の戦績。対するフィリピン王者リチャード・プミクピック(28)は31戦と経験豊富だが、薬師寺さんは「キャリアがあるヤツとどう戦うか。勝てない相手ではない」と断言。世界を見据え、自身が現役のころにつけていた「練習ノート」を手渡すほど力が入っている。

 そんな薬師寺さんにとって、運命の試合が1994年12月4日、名古屋レインボーホール(現日本ガイシホール)での辰吉丈一郎との一戦だった。日本ボクシング史上初の日本人世界王者同士の対決。異例の入札で3億4200万円マッチとなり、ボクシングファンの枠を超えて酔狂のように盛り上がった。

 「あのときは練習先のロスにも取材陣が押しかけ、試合の2週間前に帰国した空港でもえらい騒ぎでした。下馬評はほとんど辰吉勝利でしたが…」

 両者の舌戦にジムやテレビ局の思惑が絡まり、最後は大阪-名古屋対決の様相に。視聴率は関西地区で平均43・8%、名古屋地区では平均52・2%を記録し、瞬間最高は65・6%に跳ね上がった。

 「辰吉の凄さはロープ際へ追い込んだときの回転の速いパンチ。それをはね返すロープワークも練習したし、ほぼ作戦が当たりました」

 壮絶な流血戦の結果は2-0で薬師寺さんが判定勝ち。辰吉の弱点だった目を容赦なく狙う「アイ・オブ・ザ・タイガー作戦」に右アッパーが効果を発揮した。

 「もう24年前のことですが、今でも会う人に、あの試合のことを聞かれますからね。(前述の)森のデビュー戦もあえて12月4日にしたんですよ」

 今年の10月11日には18歳下の妻との間に男児が誕生したばかり。まだまだリングを降りるわけにはいかない。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス