文字サイズ

【窪谷日奈子医師】視界の中に小さな点々が見える飛蚊症…病気の前兆には注意が必要

 視界の中に黒い小さな点々が見えることはありませんか?これは「飛蚊症(ひぶんしょう)」といわれるものです。患者さんが眼科を受診するきっかけで1番多いのが、この飛蚊症です。

 飛蚊症がなぜ見えるのか。多くは加齢にともなう変化です。目の玉の中には硝子体(しょうしたい)と呼ばれる透明なゼリーのようなものが入っているのですが、年齢とともに縮んでよれてきます。そのゼリーのよれが目の奥に影を落とすため、黒い点になって見えるというわけです。

 白い壁や青空などを見たときに気がつくことが多く、疲れやストレスが多いと見えやすくなると言われています。年齢にともなう飛蚊症は特に治療の必要はないのですが、たまに病気の前兆として見える飛蚊症もあるので注意が必要です。

 目の奥に穴があいたり(網膜裂孔)出血したときは、見るのにじゃまなほどの黒い点が飛びます。急にたくさんの点が飛び始めたり、点の大きさが大きくなった場合は病気の可能性があります。早めに診察を受けた方がよいでしょう。

 原因が小さな穴や小さな血のにじみなら外来でレーザー治療を受けることで進行を止めることもできますが、穴から水が入り大きく広がってしまう(網膜剥離)と入院して手術を受けないといけなくなります。網膜剥離を何日も放置すると最終的に失明してしまうので、急に飛蚊症が増えたときは必ず眼科を受診しましょう。

 また飛蚊症の予防についてですが、基本的に年齢の変化でおこるもので生活習慣で改善することはできません。日にちがたつにつれ気にならなくなる方も多いので、病的なものでなければ様子をみることになります。

 飛蚊症は両目でものを見ていると気がつかないこともあるので、たまに片目ずつふさいで左右の見え方を確認してみると良いと思います。気になる症状があれば、自己判断せずぜひ1度受診していただけたらと思います。

◆筆者プロフィール 窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ドクター備忘録最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス