文字サイズ

ヤクルト・五十嵐が目を閉じて投球練習する理由とは…

 ブルペンで目を閉じて投球練習をするヤクルト・五十嵐亮太=浦添(撮影・開出牧)
ブルペンで目を閉じて投球練習をするヤクルト・五十嵐亮太=浦添(撮影・開出牧)
ブルペンで目を閉じて投球練習するヤクルト・五十嵐亮太=浦添(撮影・開出牧)
3枚

 ベテランも投球フォームに悩んでいる。昨シーズン、10年ぶりに古巣に復帰。中継ぎとして45試合に登板し5勝1敗(防御率は2・98)という成績を残したヤクルト・五十嵐亮太投手(40)である。

 21日午後、キャンプ地(沖縄県浦添市)の浦添市民球場近くのブルペンで1人だけ黙々と投球練習をしていた。ビデオカメラを設置し投球フォームを録画しながら、下半身の使い方をテーマに、投げ込んでいた。

 よく見ると投げる前から目を閉じている。リリースの瞬間に目を閉じている投手はいるが、投げる前から目を閉じる理由について「感覚を研ぎ澄ますためです。下半身を使って投げるために…」と、説明した五十嵐。つまり、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませ、より集中力を高めて下半身主導のフォームを身につける、ということだろう。しかし、練習後も表情は晴れないままだった。「キャンプ中は、ずっと悩んでいますし、開幕してからも…」と理想のフォームを追い求めていることを明かした。

 昨シーズンは、史上7人目となるプロ野球通算800試合登板を達成した。そんな“鉄人”でも、試行錯誤を繰り返している。ピッチングの奥義は深い。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス