文字サイズ

【野球】元プロの呉港・片岡監督「グラウンドで帽子をとらなくていい」 選手ファーストの指導

 阪神などで捕手として活躍し、長年にわたって広島のコーチを務めた片岡新之介監督(72)が率いる広島の古豪・呉港が、12日の高校野球広島大会・1回戦で宮島工に7-0(5回コールド)で快勝した。昨年12月に就任した片岡監督にとって公式戦初采配を白星で飾った。

 初めて迎えた公式戦。ベンチ前の円陣を組んでいる選手は、帽子やヘルメットをかぶったまま片岡監督の指示を聞いている。高校野球では監督の話を聞く時には帽子を脱ぐ光景をよく見るが、「暑い時にグラウンド内では帽子をとらなくていいと言っている。敬う人が来た時は別だけど」と選手ファーストを意識する。

 就任当初、話をしていて返事を何度もする部員に「なんでもかんでもハイハイと言わなくていい。話をよく聞いて最後に返事をしなさい」とも説いた。「なんでも上から押さえつけてはいけないと思っている。お互いの姿を見せ合って信頼関係を保(たも)てれば」と、選手に寄り添いながら指導する。

 岡山の名門・倉敷工出身で厳しい「昭和の野球」で育ってきた。社会人、プロ野球で20年以上も選手として活躍。広島のコーチをはじめプロアマで30年以上指導者を務めてきた。酸いも甘いも経験してきた72歳。「勝負ごとだから結果を出せというのが正論。ただ、社会に出て通用するような人格形成をしたい」と勝利を優先するのはもちろんだが、高校生に必要な人としての成長も手助けする。

 コロナ禍の影響で就任初の公式戦が夏の大会となった。戦前に全国制覇を果たすなど春夏通算11度の甲子園出場を誇る古豪の復活を託され「どこも一緒だが、3カ月実戦ができなかったのは大きい。実戦で得ることも多いから」と出鼻をくじかれたが、そんなことをいいわけにはしない。1年生監督は選手を信じ、3年生最後の大会を戦い抜く。(デイリースポーツ・岩本 隆)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス