文字サイズ

【野球】元カープ・ジャクソンがグラブに込めた「広島愛」

 カープ時代と同じグラブで4年ぶりメジャー復帰を目指し奮投中のジャクソン(撮影・小林信行)
4枚4枚

 昨季まで広島で3年間プレーし、中継ぎとして3年連続リーグ優勝に貢献したジェイ・ジャクソン投手(31)がブルワーズのキャンプ地、アリゾナ州メリーベールで4年ぶりのメジャー復帰を目指して“奮投”している。

 ペンキのにおいがかすかに残る、改装されたばかりのブルワーズのクラブハウス。中をのぞくと、ジャクソンが練習に備えてロッカーで着替えていた。初対面。ひげ面とタトゥーの入った上半身。恐る恐る近づく。その人懐っこい笑顔がこちらの緊張を解いてくれた。

 ジャクソンがカープに在籍したのは16年から昨季までの3シーズン。チームは3年連続でセ界を制した。カープ黄金時代。そう言っても過言ではない3年間を右腕は「最高」「楽しかった」と振り返る。「3年でチームは日本シリーズに2度も進出した。シリーズには勝てなかったけど、あの3年でこれ以上ないというほどの経験をさせてもらった。カープのファン、広島の街、日本という国は僕を温かく迎えてくれた」と感謝する。

 来日1年目の16年はセットアッパーとして67試合に登板して、リーグ2位の37ホールド。球団25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

 「僕の中での一番の思い出ですね。広島の街が歓喜に沸いた。毎試合、毎試合、ものすごい盛り上がりでした。アンビリーバブル。素晴らしいファンが最高の瞬間を作ってくれた」

 だから、今季もカープでプレーすることを強く望んだ。

 「僕は広島を愛しています。選手たちがうまくなり、チームが強くなっていくところを見ていたかったし、一緒に日本一になりたかった。でも、僕にはどうすることもできなかった」。

 ジャクソンの目が潤んでいるように見えた。

 ロッカーに置いてあった黒のグローブ。親指部分の外側に赤い糸で「ジャクソン」の文字と、自身の笑顔のイラスト「スマイル・ジェイ」が刺しゅうされていた。カープで使っていたものと同じデザイン。いつも髪を整えてくれていた美容師の発案だという。「僕の公式ロゴだよ」と言ってジャクソンが笑う。一緒に見せてくれた赤いキャップには笑顔のイラストとともに「V9」の2文字が入っていた。

 「このグラブはとても大事なもの。多くの意味があります。広島だけでなく、日本で出会った人たちは僕にとてもよくしてくれた。生涯の友と呼べる人たちの思いが詰まっています」

 ジャクソンがブルワーズと契約したのはバッテリー組がキャンプ初日を迎えた今月15日だった。昨季のチームはMVPのイエリッチら伸び盛りの若い選手が中心となり、7年ぶりに地区優勝を飾った。今季も優勝候補。「いいチームに入ることができて良かったと思っています。目標はワールドチャンピオン。チームの助けになりたいですね」。とはいえ、今は招待選手の身。まずはメジャー契約を勝ち取ってメジャー40人枠入り、さらに25人の開幕ベンチ入りを目指す。

 2週間前に日本からキャンプ地に移動してきた。涙ながらに広島に残してきた日本人の妻と昨年12月末に誕生したばかりの長男とは「数週間後に会える」という。「早く僕が投げている姿を見せたいですね」。ジャクソンがとびっきりの笑顔を見せた。(デイリースポーツ・小林信行)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス