文字サイズ

村上茉愛が銅 種目別床運動で悲願達成 女子体操57年ぶりのメダル

 女子種目別床運動決勝で演技する村上茉愛
 体操女子種目別床運動決勝の演技を終え、ガッツポーズする村上茉愛
 女子種目別床運動で銅メダルを獲得し、涙ぐむ村上茉愛
3枚

 「東京五輪・体操女子種目別床運動・決勝」(2日、有明体操競技場)

 エースの村上茉愛(日体ク)が、悲願の銅メダルを獲得した。演技を終えて14・166の高得点で3位タイにつけた。続けて演技する2人が、村上の得点を下回り銅メダルが確定。笑顔が弾けた。体操女子のメダルは1964年東京五輪団体総合の銅メダル以来57年ぶり。個人種目としては初の快挙となった。

 会心の演技だった。右肘にテーピングを巻いての演技。名前を呼ばれ、笑顔で手を挙げた。手拍子が起こる中、テンポの変わる音楽に乗って、ゴムまりの様に高く弾み、楽しそうに演技。着地も全て決めて、最後は右手でガッツポーズを作った。

 7月27日の女子団体決勝。3種目目の段違い平行棒の離れ技の際に右ひじを負傷した。競技を終えて「自分が思っていたよりも痛かった」と話していた。それでも29日の個人総合では日本女子過去最高の5位。「種目別は着地まで狙っていきたい」と、メダルへの意欲を口にしていた。

 女子のエース、東京五輪のメダル候補として重圧を背負い続けてきた一方で、度重なる故障に泣いてきた。19年は腰を痛め、五輪団体出場枠を盟友の寺本明日香(ミキハウス)らに託す形になった。

 その寺本は昨年2月に左アキレス腱断裂。五輪代表選考会を兼ねた5月のNHK杯で奇跡の五輪切符を目指したが、3大会連続代表入りはならなかった。盟友の思いも背負っての大舞台だった。

 村上は日体大在学時の2015年には世界選手権で個人総合6位。2016年に全日本選手権で個人総合初優勝を飾った。初出場となった、リオデジャネイロ五輪でもメダルを期待されたが、個人総合で14位、種目別の床運動で7位。悔し涙を流した。

 それでも止まらず走り続けた。2018年の世界選手権個人総合で銀メダルを獲得するなど強さを見せ、2大会連続の五輪切符を手にした。

 ◆村上茉愛(むらかみ・まい)1996年8月5日、東京都出身。3歳で体操を始め、2010年の全日本中学選手権の個人総合で優勝。同年の全日本種目別の床運動では田中理恵らを抑えて優勝。13年の世界選手権で初の代表入り。16年リオ五輪では団体総合で日本48年ぶりの4位に貢献し、種目別床運動で7位。2017年の世界選手権床運動の世界一に輝いた。日体大クラブ所属。148センチ、48キロ。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス