文字サイズ

小池祐貴 中盤伸びきれず悔し4着「実力だな」 リレーで雪辱誓う

 「東京五輪・陸上男子100m・予選」(31日、国立競技場)

 男子100メートル予選で9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)(セイコー)は10秒15で3組4着だった。多田修平(25)=住友電工=は10秒22の1組6着、小池祐貴(住友電工)は10秒22の4組4着で全員が落選し、準決勝に進めなかった。

 一歩一歩、踏みしめるようにスタートを切った小池だったが、中盤伸びきれなかった。最後は隣のレーンを走ったジェイソン(セントクリストファー・ネビス)との競り合いに敗れ、0秒01差で4着。3着以内なら準決勝に駒を進められただけに「競り勝てると思ったけど、結果競り勝ってなかった。残念」と肩を落とした。

 100メートルと200メートル、両方の出場権を獲得した小池。しかし日本陸連は400メートルリレーの負担軽減から、どちらか1種目のみの出場に絞る方針を掲げていた。小池は18年アジア大会で金メダルを獲得した200メートルではなく、2年前に日本歴代3位タイとなる9秒98をマークした100メートルを選んでいた。

 「プレッシャーがかかる中だったけど、充実した準備ができた」と小池。「今できる準備はちゃんとしてきたので、結果がこれだったのは実力だなという感じ」と受け止め「まだ僕はリレーもあるので。終わってみたら楽しかったねって大会にしたい」と雪辱を誓った。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス