文字サイズ

山県亮太「納得のいく結果でない。何がよくなかったのか」 100mでまさかの予選落ち

 予選でゴールする山県亮太(左)=撮影・高部洋祐
 4着でゴールし、タイムを確認する山県亮太(手前)=撮影・高部洋祐
 予選でゴールする山県亮太(右)=撮影・高部洋祐
3枚

 「東京五輪・陸上男子100m・予選」(31日、国立競技場)

 日本記録保持者の山県亮太(29)=セイコー=は予選3組登場し、10秒15の4着。準決勝へ進める各組3着以内に入れず、タイムでも拾われなかった。

 日本選手団の主将も務める山県は「中盤から後半が苦しくなった。満足いく結果ではない。自分としては準決勝、決勝を見据える中で(10秒)0台のタイムが欲しかった。そういうレースをできず、残念。スタートをもうちょっと楽に飛び出せればよかったが、それを含めて調整の問題。自分としては納得いく調整をしてきたつもりだったが。何が原因か、何がよくなかったか、時間をおいて考えたい」と話した。

 さらに「いつも五輪は特別なレースだが、初めてではないので。次のレース(準決勝)につながればどういうレースをしようか考えていたので、チャンスがあればもう1回走りたいが、1回で出し切るのも能力。諦めます。(予選タイムが速い?)トップが速いのはいつものこと。カットラインが高かったのは予想外だが、0台を出せれば問題なく通れたので」と悔しさをにじませていた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス