文字サイズ

悲願初金!フェンシング男子エペ団体 愛称“エペジーーン”由来通りに日本が感動

 「東京五輪・フェンシング男子エペ団体・決勝」(30日、幕張メッセBホール)

 山田優(自衛隊)加納虹輝(JAL)宇山賢(三菱電機)見延和靖(ネクサス)の日本は、決勝でROCと対戦。45-36で快勝し、日本初の金メダルを獲得した。エペ団体チームは「エペジーーン」という愛称がつけられているが、その由来通りのドラマチックな結果となった。

 フェンシングには、エペのほかに「フルーレ」、「サーブル」という種目がある。太田雄貴ら、これまで日本がメダルを獲得していたのはフルーレで、そうした他の種目と区別をつけるために「エペ陣」と、エペの選手は自称していた。

 そこに、見ている人を「じーーん」と感動させたい、という思いを見延が込めて「エペジーーン」という愛称を誕生させた。

 ライバル各国を打ち破っての優勝。文字通り、「エペジーーン」が日本中を「ジーーン」と感動させた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス